二次会で重要な役割

結婚式の二次会での幹事の仕事は多岐にわたるため、ひとりではなく数人で担当するのが一般的です。
しかし、準備段階ではもちろん、当日はさらに人手が必要となるため、手伝ってくれる人を集めなければいけないこともあります。
二次会の参加者が多く規模が大きいほど人手が必要となるので、幹事だけで手が回らないようなら早めに協力を頼むようにしましょう。
具体的にどういった役割の人が必要になるのかは、別ページで個別に紹介します。

幹事は当日までは全体の進捗を確認して、ほかのスタッフをまとめることに専念するのがおすすめです。
当日は二次会の進行を含め、同じように全体を管理することになります。
幹事が忙しい場合は、出欠者の管理をする人を決めておくとスムーズです。
主席者リストをまとめておけば、一目で欠席者の人数などを把握できます。
招待客の連絡先管理などが煩雑になる場合は、招待状の送付や出欠のまとめなどを新郎新婦が担当することもあります。
連絡のし忘れや行き違いなどのトラブルがないように、慎重に管理することが大切です。

二次会の事前準備で大切となるのが、予算の管理です。
当日行う余興やゲームの準備のために、お金がかかることは珍しくありません。
予算管理の担当者は領収書などをとりまとめて、管理する必要があります。
当日は会場への支払い、立て替え分の返金などの精算作業が発生するので、それに対応します。
お金の管理になれていて、責任感の強い人が適任です。



~注目サイト~
結婚式二次会のビンゴ景品として盛り上がる商品を取り揃えています =≫ ビンゴ景品